新しいオフィスのかたち、レンタルオフィスについてお教えします!

>

ビジネススタイルの多様化とそれにともなうオフィスの変化

レンタルオフィスは多種多様!

一言でレンタルオフィスと言っても、その形態はいろいろあります。
ここでは代表的な3つの形態をご紹介しましょう。
 
最も一般的なのが、期間貸しです。
月々の利用料を支払い、オフィスを利用するもので、借りるスペースの規模やサービスのグレードによって利用料は大きく変わります。
また、ひと月単位ではなく、何時間単位で借りられる時間貸しというものもあります。

次にバーチャルオフィスがあります。
これは実際に事務所を借りるのではなく、住所と電話番号だけを借りるものです。
郵便物や電話の転送サービスを併用して、あたかも本当にその場所にオフィスがあるかのように利用できます。

最後にインキュベーションオフィスがあります。
これは、実際にスペースを借りられるという本来のサービスに加えて、起業をサポートするサービスも受けられるものです。

実際に借りたい時、どうする?

では、実際にレンタルオフィスを借りたい時、どうすればいいのでしょうか?

まずは、自分の探している条件に合うレンタルオフィスをいくつかピックアップしましょう。
それから実際に見学することをおすすめします。
見学する際は、自分が必要としているスペースを十分確保できるか、また立地条件は自分の仕事に最適かなどをチェックしてください。

その後、希望のレンタルオフィスが決まったら、申し込みとなります。
一般的に申し込み時には申込書以外に、法人であれば会社案内書・印鑑証明書・謄本が、個人であれば身分証明書・住民票・事業概要書・印鑑証明書が必要となります。
これらの書類を参考に、次に入居審査が行われます。
審査で問題がなければ、晴れて契約となります。
契約手続きの際に、初期手数料や利用料金の支払いをします。


この記事をシェアする